劇場公開作品

2011年 公開作品

首領の道

首領の道

連城組二代目の次男として生まれた連城恭次(小沢仁志)だが、現在は家業に関係なく広告代理店に勤めていた。
しかし、兄の浩一(哀川翔)が狩野組長襲撃の騒ぎの中で命を落とし、さらに抗争に終止符を打とうと狩野組へ出向いた二代目も殺されてしまう。
一度に組長と若頭を失い、意気消沈する連城組の中、恭次がひとり立ち上がった。
かつて「ハマの凶犬」と呼ばれ、暴れまわっていた男が、復讐の鬼と化し、侠を魅せる!!

  • 小沢仁志
  • 中野英雄
  • 加納竜
  • 松田優
  • 堀田眞三
  • 藤原喜明
  • 岡崎二朗
  • 白竜
  • 哀川翔
  • 原作:「首領の道」
  • 作・観月壌、画・土山しげる(日本文芸社刊)
  • 脚本・監督:辻裕之
  • 脚本:本田幹祐
【公開情報】
2011年
12月18日(日)〜12月24日(土)
公開場所:下北沢トリウッド

ギリギリの女たち

ギリギリの女たち

3.11の被災地である気仙沼市唐桑町に居宅を持つ小林監督が、復興に願いを込め製作。
震災を機に再会した三姉妹が織りなす愛憎劇。

第24回東京国際映画祭「特別上映・震災を越えて部門」正式出品作品 『ギリギリの女たち』(『春との旅』の小林政広監督最新作品)。

  • 渡辺真起子
  • 中村優子
  • 藤真美穂
  • 監督:小林政広
【公開情報】
2012年夏公開予定

マッドドッグ

マッドドッグ

俺たち三人はガキの頃からいつも一緒だった。
地元ヤクザ・任龍会組長の息子ジン、漁師の息子テツ、火葬場職員の息子である俺がマサ。
生い立ちは違っても、三人は自由だったし、それは永遠に続くと思っていた。
でも、俺たちが海南一家のシマで商売をしたことがきっかけで、仁龍会との抗争に発展。組長であるジンの親父さんは命を落とした。
そしてジンは親父さんの仇を討つべく、自らヤクザの道を歩きはじめた。
バラバラに過ごしていた俺たちを結びつけたのは、さらに哀しい宿命だった。

  • 小沢仁志
  • 波岡一喜
  • 虎牙光揮
  • 松田優
  • 永倉大輔
  • Koji
  • 加納竜
  • 殺陣剛太
  • 伊吹剛
  • 哀川翔
  • 監督 / 辻裕之
  • 脚本 / 本田幹祐、辻裕之
【公開情報】
2011年
10月22日(土)〜10月28日(金)
公開場所:下北沢トリウッド

タナトス

タナトス タナトス

暴走族抗争の助っ人として、その日暮らしの生活費を稼ぐ、孤独な不良少年・リク。いつものようにケンカに加勢していた彼は、偶然にも「西田ボクシングジム」所属のアマチュア・ボクサー、棚夫木と出会ってしまう。たった一発のパンチで、腕に自身のあったリクを倒してしまう棚夫木は、プロとして将来を有望視されながら、脳に障害を持つ理由から、日本でのボクサー生命を絶たなければならなかったのだ。
初めてケンカに負けた悔しさから、「西田ボクシングジム」の門を叩き、持ち前の"攻撃本能=タナトス"からボクサーとしての才能を開花させていくリク。 一方、ジム会長の勧めから、メキシコでの再起を懸けたプロデビューを目指す棚夫木。目指す道は違っても、拳で未来をつかみ取ろうとする意味でライバルとなった、2人の想いが激しくぶつかり合う!

  • 徳山秀典
  • 佐藤祐基
  • 平愛梨
  • 渋川清彦
  • 古川雄大
  • 大嶋宏成
  • 大口兼悟
  • 斉藤一平
  • 白石朋也
  • 秋本奈緒美
  • 升毅
  • 梅沢富美男
  • 特別出演:
  • 竹原慎二
  • ガッツ石松
  • 輪島功一
  • レパード玉熊
  • 佐藤修
  • 薬師寺保栄
  • 監督 / 城定秀夫
  • 原案 / 竹原慎二
  • 原作者 / 落合裕介
【公開情報】
2011年
9月10日(土)〜
公開場所:渋谷ユーロスペースほか
【公式サイト】
http://www.thanatos-movie.com/index.html

恐怖新聞

恐怖新聞

怪奇現象研究同好会に所属する鬼形経(真司郎)の部屋に、ある夜突然謎の新聞が届く。
「購読料は1年分の寿命」という文字とともに掲載されていたのは、同級生が殺されるという記事。
半信半疑の鬼形だったが、その記事通りの事件が起こった。
驚愕する鬼形のもとに新たな新聞が届く。そこには同じ同好会メンバー雨宮しずく(近野成美)が人形に呪い殺されるという見出しが。
親友の永森(相馬圭祐)とともに、なんとかそれを阻止しようとする鬼形。
果たして恐怖の連鎖を断ち切ることができるのか?鬼形の命を賭けた戦いが始まる!

  • 真司郎(AAA)
  • 近野成美
  • 相馬圭祐
  • 杉浦亜衣
  • 那須野恵
  • 私市夢太
  • 宮川一朗太
  • 原作 / つのだじろう
  • 脚本 / 湯原弘康、大森研一
  • 監督 / 大森研一
【公開情報】
2011年
5月21日(土)〜
公開場所:シネマ・ロサ
【公式サイト】
http://kyofusb-movie.com/

それでも花は咲いていく

それでも花は咲いていく

過去に小学生の教え子にしてはいけないことを起こした罪を背負いながら、自分の許されない恋愛に悩む元有名進学塾の講師だった男(仁科貴)。
容姿の醜さから人に拒絶されて以来、人を避けながら他人の部屋に侵入することに生きがいを感じる男(滝藤賢一)。
そして、最愛の母親を突然失い、呆然とした時間を過ごしながら、過去の母親に思いをはせる男(平山浩行)。
一見否定されそうな癖をもつ3人の男たちの、ナイーブでデリケートな問題を描きながらも、それが異常ではなく、誰にでもある心の中に隠されている悩みや問題として投影され、やがてそれが切ない気持ちにさせていく。
まさに今を生きるあなたに問いかける、心の物語である。

  • 仁科貴
  • 滝藤賢一
  • 平山浩行
  • 南野陽子
  • 冨家規政
  • カンニング竹山
  • 佐藤二朗
  • ダンカン
  • 酒井敏也
  • 小木茂光
  • 麻生祐未
  • 原作・脚本・監督 / 前田健
【公開情報】
2011年
5月7日(土)〜
公開場所:テアトル新宿 ほか
【公式サイト】
http://soredemohanawasaiteiku.com/

アバター

アバター アバター アバター

阿武隈川道子(橋本愛)は、10歳のときにある事故が原因で父親を亡くし、母・恭子(紺野まひる)とふたりで暮らしていた。
クラスで一番地味な道子は、高校2年生のお誕生日に、母から携帯電話をプレゼントされる。
初めての携帯にわくわくする道子だったが、レアアバターを持っていることでクラスを仕切っている『学園の女王』の阿波野妙子(坂田梨香子)から、SNSサイト“アバQ”に強制的に入会させられる。
「アバターなんて、ただの着せ替え人形じゃない」と興味を持っていなかった道子だが、あることがきっかけで、自らの分身【アバター】を着飾ることにハマっていく。
電子マネー“G”を貯めるため、一晩中バナー広告をクリックし続けたり、サラリーマン男性からお金をだまし取ったり…。
そして、年に一度開催されるアバQ最大のイベント“ベストドレッサーコンテスト”で見事ベストドレッサー賞を受賞した道子は、妙子を『学園の女王』の座から引きずりおろし、新『学園の女王』の座に君臨する。
奇妙なガスマスクの集団“アバターサークル”を設立し、【アバター】と同じ顔に整形をした道子。現実での美しさも手に入れた道子は人格までが変わり、さらに【アバター】にのめりこんでいく。
そして、担任教師・溝口(加藤虎ノ介)からの脅し、憧れの山之内君(佐野和真)の裏切りもものともせず、心に秘めたある復讐を果たしていくが…。

  • 橋本愛
  • 坂田梨香子
  • 水沢奈子
  • はねゆり
  • 佐野和真
  • 指出瑞貴
  • 大谷 澪
  • 増山加弥乃
  • 清水富美加
  • 鈴木拓(ドランクドラゴン)
  • 保積ペペ
  • 大島蓉子
  • 滝藤賢一
  • 温水洋一
  • 加藤虎ノ介
  • 紺野まひる
  • 監督 / 和田篤司
  • 脚本 / 野口照夫
  • 原作者 / 山田悠介
【公開情報】
2011年
4月30日(土)〜
公開場所:シアターN渋谷 ほか
【公式サイト】
http://www.ava-q.com/

修羅の覇道

修羅の覇道 修羅の覇道 修羅の覇道

日本任侠界は変革期に突入していた。東に眞皇会あり。その巨大組織の五代目会長・松田源治(竹中直人)が引退を表明したのである。
跡目の最有力に挙がったのは、松田の後継者として京浜一家を率い、眞皇会でも理事長の職を全うしていた内星竜也(原田龍二)。
しかし、西との繋がりや若さ故に、反対する者も少なくなかった。
「日本列島の統一」驚天動地の野望を掲げる、七代目山鬼組組長・滝崎亘(哀川翔)との約束。内星の戦いがここに始まる!!

  • 原田龍二
  • 本宮泰風
  • 武蔵拳
  • 御木裕
  • Koji
  • 山本竜二
  • 森永健司
  • 倉見誠
  • 森羅万象(ナレーション)
  • YOSHI
  • 加納竜
  • 小沢和義
  • 小沢仁志
  • 竹中直人(特別出演)
  • 哀川翔
  • 監督 / 壷井詠二
  • 脚本 / 林克美
【公開情報】
2011年
4月23日(土)〜29日(金)
11:00(平日のみ) / 20:45
公開場所:トリウッド -- TOLLYWOOD

2013年公開作品はこちら

2012年公開作品はこちら

2011年公開作品はこちら