極道天下布武 第四幕
尾張統一を目指す織木組。組長・織木信秀(西岡徳馬)の死によって長男・織木信長(小沢仁志)と次男・信行による壮絶な跡目争いが勃発、入り札投票により信長が二代目組長に選ばれた。それにより命を狙われた信長は、血縁関係にある岩崎信安(松田一三)、さらには信行までもを苦渋の決断の末殺害。 …>>作品詳細はこちら