極道の門 第一部
大阪、昭和45年、秋――。飛田新地の地上げの一件により、大政組と義道会は一触即発の関係であった。土砂降りの雨の中、大政組若頭補佐・尾形敬三(宅間伸)と大政組若衆・村田龍治(木村一八)が歩いている最中、突如義道会の刺客5人に囲まれ、尾形は絶命…。 …>>作品詳細はこちら