覇者の掟 第三章

関東の二大組織、竜仁会と弘和会による抗争は、竜仁会・若頭補佐で東堂組組長・東堂(白竜)と弘和会・若頭補佐の佐伯組組長・佐伯(小沢和義)との間で一応の終息を迎えたかに見えた―。
竜仁会内部では、対立する弘和会と手を組む案も出された。しかし東堂は「今は組の内部をまとめることが先決」としてそれを拒否。竜仁会・若頭補佐の木嶋(伊吹剛)は裏で弘和会を含む関東の親睦団体の結成、すなわち「大同団結」を佐伯に提案するが、同じく拒否されてしまう。両陣営の確執は、ますます深まる一方であった…。
その最中、関西の明石組が動き出していた。横浜の兵藤組とすでに盃を交わした明石組は、さらなる関東侵出のため、山際幸太郎(阿部亮平)率いる竜仁会・山際組と揉めている松井組を傘下に取り込もうとしていた。それによる関東と関西の緊張状態に、果たして東堂はどう立ち向かうのか―!?

覇者の掟 第三章
  • 白竜
  • 阿部亮平
  • 國本鍾建
  • 水元秀二郎
  • 中川翔太
  • 桂茶がま
  • 長原成樹
  • ノッチ(デンジャラス)
  • 溝呂木賢
  • 木田佳介
  • 中山こころ
  • 江口ナオ
  • 山ア直樹
  • 武田幸三
  • 横須賀昌美
  • 工藤俊作
  • 肥後克広(ダチョウ倶楽部)
  • 伊吹剛
  • 本宮泰風
  • 小沢和義
  • 監督・脚本:片岡修二