日本極道戦争

西日本最大の暴力団組織・神征会。
3代目会長の矢島剛一(螢雪次朗)が引退を表明し、跡目問題に注目が集まる。
神征会の起源は、昭和の戦後闇社会で愚連隊組織を束ね頭角をあらわした初代相馬組組長・相馬大二郎が立ち上げた組織である。その初代相馬の血が今も神征会に流れてる―難波会若頭補佐・相馬組組長・相馬仁(小沢仁志)。相馬は、矢島会長の引退の宣言を聞き、「跡目争いのときだけ、身内同士の揉め事は煩くないんや」と、不敵な笑みをこぼした。
しかしもはやすでに神征会内部では、我よ我よの極道どもが4代目の座を狙い、みなが怪しい動きをしていた・・・そんな折、矢島会長のもとに殺害予告の手紙が届けられるのである・・・。
犯人はどこのどいつか、そして果たして、西日本最大の神征会4代目を継承するのは、一体誰なのか!?

日本極道戦争
  • 小沢 仁志
  • 阿部 亮平
  • 仁科 克基
  • 島村みやこ
  • 武田 幸三
  • 北代 高士
  • 吉田 由一
  • 友和
  • 島津 健太郎
  • 宮本 大誠
  • 城 明男
  • 速水 今日子
  • 佐田 正樹(バッドボーイズ)
  • 殺陣 剛太
  • 岡崎 二朗
  • 赤井 英和
  • 螢 雪次朗
  • 監督:柿原利幸
  • 脚本:神木雄司