極道の門 第三部

大阪、昭和47年、夏――。二代目大政組若頭補佐・村田龍治(木村一八)は若頭の赤垣(御木裕)が義道会の岩口を撃った事件に疑念を抱いていた。しかし、赤垣は死に、真相を知るものは義道会の人間だけとなった。義道会では岩口が元・若頭の安田を使って村田のタマを取る計画を進めていた。村田は赤垣事件の真相を掴むために大阪府警の刑事・田所(石原和海)に話を聞くが、決定的な証拠がないまま、赤垣を撃った天道(中山峻)は不起訴となった。行き詰った村田は龍泉寺の尾形が眠る墓へ来ていた。住職の藤村壮海(火野正平)は村田の話を聞き導こうとするが、村田の中で答えを出せないままでいた。帰り道、村田の目の前に現れたのは安田だった。そして、安田の拳銃は村田の胸を貫いた―。

極道の門 第三部
  • 木村一八
  • 下元史朗
  • 御木裕
  • 加納竜
  • 野口雅弘
  • 飛野悟志
  • 黒石高大
  • 宮下敬夫
  • 武蔵拳
  • 火野正平
  • 宅麻伸(友情出演)
  • 監督:旭正嗣
  • 脚本:村上和彦